乾燥肌 オールインワンゲル

乾燥肌だとオールイワンゲルだと保湿感は少ない?

乾燥肌の場合はお肌の潤いが極端に失われた状態にあるため、積極的に保湿成分を補給することがスキンケアで最も重要です。
本来であれば化粧水でお肌の調子を整えてから美容液で美容成分を補給し、乳液や保湿クリームで潤いを逃さないようにするという手順でスキンケアを行うのが良いですが、時間とお金がかかってしまうのが難点です。

 

そこで手軽にスキンケアができるとして注目されているオールインワンゲルを活用したいという方が多いのですが、果たして乾燥肌の方にも十分な保湿力があるものなのでしょうか。

 

実際にオールインワンゲルを使っている方の中には「オールインワンゲルだけでは保湿力が足りない」という不満を漏らす方が多いです。

乾燥肌でも保湿力で満足しやすいオールインワンゲルは?

オールインワンゲルには美容成分の他に保湿成分もしっかりと含まれているはずなので普通肌の方にとっては十分であっても、乾燥肌の方にとっては保湿力が足りないという印象を受ける方が多くなってしまいます。

 

特に口元や目元などは乾燥しやすい場所で、オールインワンゲルでケアをしてからしばらく時間が経つと肌のカサつきが感じられる方がいます。
この場合は特に乾燥が気になる部分をオールインワンゲルの後に保湿クリームなどをプラスして対処しているそうです。

 

ただ、商品によっては特に保湿力にこだわりを持ち、保湿成分を重点的に配合している場合もあります。
保湿力が高いオールインワンゲルであれば空気がひどく乾燥していなければ十分なケアができるとして、乾燥肌の方でも愛用している方が多いです。

 

乾燥肌の方はオールインワンゲルだけでは保湿力が足りない場合がありますので、必要に応じて他の基礎化粧品と併用することがおすすめです。
特に空気が乾燥している冬やエアコンが一日中フル稼働している室内ではお肌の乾燥も進行しやすいことからオールインワンゲルだけでは十分なケアができない可能性が高いと思われます。
できるだけオールインワンゲルは保湿力が高いものを選び、状況に応じて保湿力をプラスするケアを行うことで問題ないと考えられます。

乾燥肌でもセラミド配合のオールインワンゲルは良いの?

私達のお肌の潤いを保つために欠かすことができない成分の一つにセラミドがあります。
セラミドは角質層で細胞同士の間に存在しており、水分や油分を抱えているスポンジのような成分だと考えて下さい。
セラミドが不足してしまうとお肌の適度な水分を維持することができなくなってしまい、次第に砂漠のようなカラカラの状態になり、肌老化を招いてしまいます。

 

これが乾燥肌が原因でお肌の老化が進行する原因なのです。
つまり、肌老化を防ぐためにも乾燥肌を改善するためには、セラミドを補給することが重要であるといえます。

 

保湿成分として有名なのはヒアルロン酸やコラーゲンもありますが、これらの成分もよく基礎化粧品に配合されています。
ただ問題になってしまうのが、肌の奥にまでしっかりと浸透することがなければ意味が無いということです。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンは分子量が大きいためなかなか浸透しにくく、肌の奥に浸透させるために分子量を小さくすると本来の働きを十分に発揮できないため基礎化粧品から補給するのは非常に難しいと言われています。
セラミドの中でも特に天然セラミドの場合は肌への浸透性が良いことから高い保湿効果を発揮させることが期待できると言われています。

 

乾燥肌の方にとっては天然セラミドが配合された基礎化粧品を使用することは非常に良い効果が期待できると考えられます。

 

オールインワンゲルにもセラミドが配合された商品が存在していますが、乾燥肌の方は特にセラミドの種類にも注目して検討することをおすすめします。

 

色々な商品を比較する際に注目していただきたいのが成分表示で、どんな成分が含まれているのか一目瞭然で確認できます。
天然セラミドは馬や牛、豚などの動物由来の動物性またはこんにゃくやとうもろこし、米などの植物由来の植物性のものが該当します。
それぞれの成分がどんな原材料から作られたものなのかを知ることも自分に合った基礎化粧品を選択する決め手にもなりますので、是非確認することをおすすめします。

更新履歴